慰謝料の計算


慰謝料というのは、交通事故でどれだけ損害を被ったのかによって大きく金額が変わってきます。基本的には被害が酷い場合の方が、慰謝料が貰える金額も大きくなるのですが、必ずしもそうなるとは限りません。なぜなら慰謝料というのは、過失割合によって変わってくるからです。過失割合というのは、被害者にどれだけ過失があったのかを数字で表します

この過失割合が多ければ多いほど、慰謝料の金額も減ってしまうという仕組みです。なぜなら人身事故の多くは、加害者だけが一方的に悪いというケースだけではなく、被害者にもある程度の過失がある場合もあるからです。このような点も含めて計算されているので、計算の方法も知っておくとよいでしょう。現在ではインターネットでこのような情報も調べることができるのです。

慰謝料の計算というのは、過失割合だけではなく、入院した日数や通院した日数なども関係してきます。法律事務所のホームページには、慰謝料の計算ができるツールを記載している場合もあるので、念のために計算をしてみるというのもよいでしょう。このようにいろいろなツールが利用できるように配慮している弁護士は信頼できることが多いので、万が一の場合には交通事故慰謝料などの相談してみるのもよいでしょう。